文部科学広報 216号
17/23

1背景・経緯2009から2011年にかけて、欧州主導の宇宙探査ハイレベル会議が、宇宙探査における国際協力促進のため、閣僚級を含む政府レベルでの対話・意見交換の会合として開催されました。この会合を引き継ぐ形で、2014年に第1回国際宇宙探査フォーラム(International Space Exploration Forum: ISEF)が米国で開催され、出席した下村文部科学大臣(当時)から、ISEF2を日本が主催することが表明されました。2ISEF2開催概要●閣僚級会合(本会合)【日程・場所】 2018年3月3日(土)、ウェスティンホテル東京(東京都目黒区)【参加対象】 宇宙探査に関心を持つ世界各国・地域の閣僚級を含む政府ハイレベルの関係者や宇宙機関長等(最大60か国・500名程度:招待者・随行者のみ)●サイドイベント閣僚級会合の機会に合わせて、宇宙探査に関する国民の認知度向上、宇宙産業の裾野の拡大、若手の人材育成を目的として、若手・産業界向けのイベントを開催します。(1)若手向けイベント①Y-ISEF(ISEF for Young Professionals)国内外の学生や多様な分野で活躍するヤングプロフェッショナルが集まって、宇宙探査についてかっ達な意見交換を行い、次世代を担う若手のキャリア形成やネットワーキング、宇宙に対する興味喚起の機会とします。【日程・場所】2月28日(水):筑波宇宙センター(予定)3月1日(木)、3月3日(土):東京都内【参加対象】 国内外の18〜35歳程度までの学生や社会人80名程度(当日の様子はオンライン中継予定)2018年3月3日(土)に、宇宙探査に関する閣僚級の国際会議「第2回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)」を開催いたします。人類の活動領域の拡大、人類共通の知見・経験・利益の獲得への挑戦である宇宙探査について、その重要性や国際協力の重要性、持続的な進展に向けた今後の協力の在り方を、ハイレベルの政府関係者間で議論します。※詳細は、ウェブサイト(http://www.isef2-se.space/)を御覧ください。②S-ISEF(ISEF for Students)国内の高校生が、宇宙探査に関する研究成果を発表し、国内外の若手研究者等との意見交換を行います。【日程・場所】 3月3日(土)、 東京都内【参加対象】 宇宙探査に関する研究に取り組んでいる高校生20名程度(当日の様子はオンライン中継予定)※公募中。詳細は、公募ウェブサイト(http://s-isef.jpn.org/)を御覧ください。(2)産業界向けイベント(I-ISEF,ISEF for Industry)宇宙探査における国への期待や課題、産学官各々が担う役割などについて議論するとともに、宇宙探査の将来の広がりや新たなビジネス・経済活動としての可能性を共有することで、宇宙探査推進の機運を高め、宇宙ビジネス拡大への契機とします。【日程・場所】 2018年3月2日(金)、ウェスティンホテル東京(東京都目黒区)【参加対象】 宇宙探査への参加に興味を持つ非宇宙産業や、宇宙探査への新たな取組を行うベンチャー企業を含む、国内外の企業、投資家、一般からの聴講者※イベントの詳細及び申込み受付は、近くサイドイベントウェブサイトで公表予定。3関連ウェブサイト、SNSアカウント関連情報を随時更新します。●ISEF2ウェブサイト (http://www.isef2.jp)●ISEF2サイドイベントウェブサイト (http://www.isef2-se.space/)●同Facebook アカウント(Y-ISEF & I-ISEF @YISEF.IISEF)●同Twitter アカウント(Y-ISEF/I-ISEF @YISEF_IISEF)人類初の月面着陸から間もなく50年人類の活動領域の拡大と、共通の知見の獲得を目指し、世界のリーダーが集結します第2回国際宇宙探査フォーラムの開催について文部科学省研究開発局宇宙開発利用課宇宙利用推進室文部科学広報 No.216 平成29年11月号14

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る